法定通貨フリヴニャを電子化した、Eフリヴニャの提案。

ひとりごと

知らべたことなかったのだけれど、ウクライナの法定通貨ってフリヴニャ(hryvnia)と呼ばれるそうで。28日にウクライナの中央銀行さんからフリヴニャを電子化したデジタル通貨(CBDC)となるEフリヴニャの提案を行ったという話題がニュースになっていた。

まだ議論と意見を求めたところみたいで。以前こっそり記事にも書いていたけれど、ウクライナの中央銀行は2021年にCBDCの実現に向けて、ステラ開発財団と提携を発表していた。

ステラルーメン(XLM)の春がくるかなー?みたいな小話。

memo

グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)20221130
基準価額:7,284円 / 前日比(円)-156円 / 前日比(%)-2.1% / 純資産総額74.67億円

日経平均:27,913.56円 / ドル円:138.73円

ダウ平均:33,852.53 / ナスダック総合指数:10,983.78 / S&P500指数:3,957.63

be careful

この記事で書かれている内容はトワナナさんの感想です。間違いがないよう注意を払っておりますが、それでも事実と異なる内容が含まれているかも知れません。また、特定の商品をお勧めする意図などはありません。(詳しくは、免責事項とPrivacyPolicyを参照下さい。)

「そうなんだー」くらいの肩の力を抜いた状態で、たのしんでいただければ幸いです。

diary

こっそり記事はこちら。仮想通貨のことを少し、ステラルーメンとリップル(XRP)のことも少し話していたのだけれど。まさかもう動き出すとは思わなくてびっくり。

ウクライナ中央銀行さんによると、Eフリヴニャの主目的は以下。

・現金と非現金状態の補完
・通貨の持つ機能の効率化
・国民・企業・政府・金融機関すべてに便利であること

そういえば国内でも検討が始まっているよね。デジタル円に関して。こういったポリシーみたいなことろから議論されているのかなって。国内はやっぱり〇通がいくら中抜きして議員報酬がいくらかかるから残りの資金で5次受けくらいまで薄めてみたいな、予算の枠組みからかな。

ネー。

話を戻してウクライナ中央銀行さんの考える利用法は以下。

・リテール決算にプログラム可能なマネーとして利用する
・仮想通貨の流通に関する領域として扱う
・国際決済を迅速・安価・透明性の高いものにする

最初のリテール決済って何だろうと調べてみると「銀行や中央銀行が提供する預金やお札の利用者間決済」とのこと。

んー。銀行や中央銀行が提供する?

リテールの意味は一般消費者向けの小売のことで、対義語がホールセールで卸売りの意味。えーっと、つまり一般消費者(銀行利用者)向けの決済のことを指している。それって、わけて表現する意味あるのかな。

ええと、うーんと、普段は預金引き出しとか、借入れとか、そういった呼び方をしている気がする。それもリテール決済というカテゴリーになっていて。あー、うーん?市中、は違うような、世の中?うん、世の中に排出されるお金の手続きをリテール決済と呼んでいる感じ。で、あってるかな。たぶん。

リテール決済が行われるまでは、世の中に出回っていないお金なんだよね、区分的には。だからカテゴリをわけてある感じ。ふむー。

ウクライナの中央銀行さんはプログラム可能なマネーとしてリテール決済を考えていて。それって何に使うのって調べてみると、どうも利用目的を限定するためなんだそうな。

例えば特定の品目にしか使えない給付金を想定していて、この場合食料品とか、生活必需品とか、光熱費の支払いとか考えられるのかな?嗜好品やギャンブルはダメですよ―みたいな感じなら、良い使われ方かも。

以前仮想通貨の利便性をマネックス証券の方が語っていた時に、盗難にあった通貨を利用不可能にしたりできるみたいなお話があって。へー、最先端の通貨は外部から利用をロックできるのかーって感心した思い出。確かに利用できる環境イコールで情報の更新が可能な環境なのであれば、読み出しや書き込みによって色々なことが可能になる気がする。

この辺り、デジタル通貨の可能性を感じるところだよね。

2番目の仮想通貨の流通に関する領域として扱うと、3番目の国際決済を迅速・安価・透明性の高いものにするは、そのままステラルーメンの得意分野になるから、何となくわかる。

流通に関しては仮想通貨の取引所で扱えるようにするという意味かな?国際決済はステラルーメンが参加するIBM社さんの決済の仕組みを使うのだと思う。

仮想通貨の取引所が使えるという意味だった場合に、利点はなんだろうと考えてみると。うーん。例えば両替?とか。異なる資産だったり仮想通貨からEフリヴニャに両替できる(あるいは逆もしかり)場所が銀行とは別に持てるならば、銀行は両替の負担(複数の資産)を持つ必要がなくなるから、もしかしたら効率的なのかな。

この辺りはもう少し金融とか銀行業のことを勉強しないとだ。

とか。綺麗にまとめようとしていたら、もう1つニュースがあって。仮想通貨取引所のコインベースが、コインベースウォレットでのステラルーメンの取り扱いをやめるとのこと。だって流通量少ないしーとかいう理由。

なんだよもー!これからなのにー!わーん。

タイトルとURLをコピーしました